未経験でエンジニア職を始めて半年余りで取り組んだこと

働き方 生き方

  • Q:未経験でエンジニアになって、半年ほどでどんなことをやってきましたか?
  • A:コーディングだけでなく、カスタマーサポートやコンテンツ制作、ドキュメント整理など色々やりました

なぜ、30代でエンジニア職を目指したのかについては、以下の記事をご覧ください。

スポンサードサーチ

エンジニア職はコードを書くだけじゃない

私が入った会社は、全体で30名ほどの小さな会社で、各プロジェクトに数名のエンジニアがいるという状況でした。

PoCの段階で入ったので、スケジュールに極端に追われず、ゆっくり色んなことを学んでいけています。学んだことはこれから、ブログで書いていきたいと思います。

現在は、あるプロジェクトのバックエンドのコーディングに取り組みながら、それに関わるコンテンツ作成・サポートなども担当しています。

エンジニアとして入ったので、コードを書きたいという気持ちは強かったですが、最初は何も分からなかったので、

コードを書く以外のところからスタートしました。

新卒からエンジニア職でなければ、人それぞれにエンジニア以外の「前職」があるはずです。私の場合は医療職、ITベンチャーでの採用人事、カスタマーサポートという経験があります。

なので、今の会社に入ってからは、その経験を上手く活かして、コーディング以外のところで貢献するように勤めました。

人数が少ないほどチャンス:できることはなんでもやってみよう

大きな会社ほど、大きなプロジェクトに関われるというのはよく聞く話ですが、大きな会社ほど分業が進んでいると思います。それが「N次請け」などと言われる訳ですが。。

SESではない、人数が少ない会社ほど、少ない人数でプロジェクトが動いているので、もし未経験でエンジニアとして参加するとしたら、そういうスモールプロジェクトが狙い目だと思います。

なぜなら人数が少ないほど、自分が取り組まなければいけないことが多くなるからです。また、「これをチャレンジしたい」と言った場合、「じゃあ、試しにやってみよう」という感じになることが多いと思います。

最近読んだ記事ですが、ITベンチャー(メタップス)で放射線技師からエンジニアになった方の話が面白かったです。

気をつけないといけないこと

気をつけないといけないのは、「報酬に見合う対価を受け取れているか」です。対価は、お金に限らずです。お金の代わりに経験を買う側面もあるので、お互いに信頼関係が保てることが大事だと思います。

その点では、今自分がいる会社は信頼できる方に恵まれているな、と感じます。

また、私の場合は、大きい組織よりも小さな組織の方が向いているな、とこれまでの社会人経験で感じてきたので、その点でもマッチしていました。

今後は、経験を生かしながら、自分が作りたいものも徐々に作っていきたいと考えています。