【実際どうなの?】転職サイトGreen(グリーン)を運用しての印象【採用目線】

生き方 転職

  • Q:転職サイトGreenはよくCMにも出てくるけど実際のところどうなのでしょうか?
  • A:IT/Web業界のエンジニア募集が多いけど、営業などの職種も結構あるので、まだ使ってない方は試しに登録すると良いかも。いいサービスだと思います!

スポンサードサーチ

転職サイトGreen(グリーン)とは

転職サイトGreenの最下部に以下のような紹介があります。

GreenはIT/Web業界で働く、エンジニア、デザイナー、営業、マーケターの求人を中心に仕事案件が多数掲載中です。
スタートアップ〜ベンチャー企業だけでなく、上場企業、外資系企業への転職も視野に入れた活動が可能です。
他にも、未経験からの転職、残業が少なめの職場、平均年齢20代の職場など、様々な特徴でも仕事を検索出来ます。
採用を通して会社を成長させたい企業と、転職を通して成長したい求職者の最適なマッチングの場を提供いたします。
IT/Web業界でのご自身のキャリアアップ、未経験からのステップアップに是非Greenをご活用下さい!

転職サイトGreen

つまり、IT/Web業界のエンジニアを中心にした職種・案件を紹介しているサイトだと言えます。掲載企業には、大きなところではチームラボサイバーエージェントソフトバンクなど。

しかし、掲載費用自体は月額無料のため、2~30名規模の比較的小さな会社も活用しているケースがあります。

企業にとって、1人あたりの採用単価は抑えたいところ。通常の転職エージェントの場合、企業は年収の35%の成果報酬を支払うことになるため、百万以上のお金が動くことになります。転職サイトGreenの場合は、成果報酬が百万以下に抑えられるため、小さな会社でも活用しやすいメリットがあります。

基本は企業側からスカウト。応募企業は自分で探すことに

転職サイトGreenには、主に二つの機能があります。企業の掲載ページと、候補者へのスカウト送信です。

特に掲載ページは、依頼すればGreen側の広報がバックアップしてくれるので、自分たちで内製しなくても、見栄えの良いページを作ることができます。

また、企業側は「こういう人に来て欲しい」という方に上限を決めてスカウトを送ることができます。筆者は月何件以上と、送ることを目標にスカウトを書いておりました。

相手によって語句を変えるなど、工夫しながら連絡をとっていましたが、プロフィールや履歴書が充実されている方ほど、コンタクトを取りやすい印象がありました。なので、出来るだけプロフィールや履歴を充実させた方が良いと思います。

転職サイトGreenのプロフィールには、経験年数を記載できる機能もありますが、(特にエンジニアの場合)、経験したことを多く書いていても、文章をきちんと読めば「この人はどれくらいの実力か」がだいたい分かってしまうので、正直に書くことをお勧めします。

Greenには掲載用の文章フォーマットがあるため、それに沿ってまずは書いていきましょう。勤務地や、希望条件など細かく設定することも可能なので、ご家族の状況などあれば事前に書いておくと採用側にも親切です。

転職サイトGreenには、エージェントがつくことがありません。自分で転職したい企業を探すことになります。なので、何も考えず手当たり次第に企業にコンタクトを取ると疲れてしまうかもしれません。

その場合は、併用してエージェントを活用すると良いと思います。

また、ITやWebに特化していることもあり、例えばアパレルなどの業種はそこまで多くないです。

募集職種はエンジニアがメインですが、営業ポジションの掲載が全くないわけではありません。(むしろ狙い目かもしれません。)

転職サイトGreenの運営会社について

転職サイトGreenを運営している株式会社アトラエは、2018年に東証一部に上場(市場変更)されています。

Green以外にも、ビジネスパーソン向けマッチングアプリyenta、エンゲージメント解析ツールwevoxなどを運営しています。(yentaを使っている方も、wevoxを活用されている企業も面識があります。)

wevoxはエンゲージメントツールの中では、比較的安価で良心的なサービスだと個人的には思います。

また、若いメンバーの多い勢いのある会社だなと個人的に感じます。(コロナ禍で状況がまた変化しているかもしれません)

転職に関して情報発信する「グリテンラジオ」という音声メディアにも取り組んでいたり、オウンドメディアも定期的に更新されています。熱量がすごい。

元気のある会社だと思いますので、転職サイトGreen自体もこれから更に伸びていくかも知れません。

是非IT/Web業界に興味関心のある方、そうでない方も気になったら、転職サイトGreenにアクセスしてみてはいかがでしょうか?